冬のお肌のお手入れのヒント

ゆったりと。

寒く乾燥する冬は、お肌につらい季節ですね。(^^)
今日は、冬でもなめらかで生き生きとしたお肌を保つために、お手入れのヒントを紹介します。

お風呂に長く浸からない
009072熱いお湯に長く浸かるのは至福のひとときです。
冬場であればなおさらです。

もしお風呂で寛ぎたいのなら、温度をぬるめにして、オートミールかベーキングソーダをちょっと入れましょう。 肌の乾燥やかゆみの予防になります。

手は特に注意を

冬の季節、手の皮は最も薄くなっています。

それゆえに、分泌される皮脂も減り、他の部位と比べても手に潤いを閉じ込め、滑らかに保つのが難しいのです。

特に乾燥のひどい数ヶ月は注意が必要です。

ひびわれやかゆみを予防するには保湿クリームをこまめに塗り外へ出るときは手袋をしましょう。

温風の吹き出し口近くに座らない

家の暖房は気温を快適に保ちますが、乾燥した温風が吹き出ています。

部屋の中でも温風のそばは暖かいのですが、そこに座るとお肌の乾燥が進行してしまいます。

屋内の湿度を上げるために加湿器を使えば、乾燥の問題も解決できます。

果物と野菜を食べる
FX112_L新鮮な野菜と果物、ナッツとシード、オリーブオイルや魚には、お肌や身体が必要とする有効な栄養分がいっぱい含まれています。

野菜や果物にそれぞれ含まれる抗酸化物質が、酸化ストレスに対抗する働きをし、その他の栄養素は細胞レベルでお肌や組織を修復し再生する働きをします。
健康な肌や体内組織に必要な2つの成分は、コラーゲンとエラスチンです。コラーゲンは肌の組織内で糊や潤滑油のように働いて組織をまとめるだけでなく、繊維細胞がお互いスムーズに滑るように移動させる働きがあります。

コラーゲンがないと、引き締まったしなやかな肌ではなくなってしまいます。

エラスチンも、柔らかく弾力性のある肌にする働きがあります。

適度な水分補給とともに、栄養分をきちんと摂らないと、肌は実年齢よりも老化したように見えてしまいます。

水は考えているよりも重要

お肌や身体の水分を保つために、十分な量の水を飲みましょう。

暑さにさらされ、汗をかくような夏と違い、寒い時期は水分を補給しようとは思わないでしょう。

しかし、冬でも飲む水の量を増やすだけで、すぐに見違えるほど健康的な肌になるのを実感できるはずです。

スキンケアにプラスの時間を 825785
夜寝る前、ほんの数分でも長めに、念入りにスキンケアをしてみましょう。

角質除去や水分補給、日々のスキンケアは、なめらかで生き生きとしたお肌を維持するうえで大きな役割を果たします。

身体の内側からの対策として新鮮な果物や野菜から栄養を摂取し、水分を補給しつつ外側からはスクラブなどでやさしく角質を落とし、天然成分のクリームや乳液を使って保湿を心がけましょう。

 

関連記事

ピックアップ記事

あなたはもっと美しくなる!

90日で、シワ・タルミ・老け顔解消!?

シワ、たるみは、女性の永遠の悩みです。 タルミもシワと同類のものですが、これらは肌のコラーゲンが老化して弾力を失ったために起こるもので…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る