日焼け止め化粧品!SPF値を使い分けて上手に選びましょう。

FV002_L

日焼け止め化粧品!SPF値を使い分けて上手に選びましょう。
日常生活で紫外線を浴びる場合や、レジャーで海や山に行き、一日中野外で紫外線を浴びる場合など日焼け止め化粧品は必須です。

日焼け止め化粧品を探すとき、日焼け止め化粧品に必ず表示されている「SPF50」という値と、「PA+++」の表示は何を表しているのでしょうか。

「SPF」というのは、「SUN PROTECTION FACTOR」の略で、私たちが浴びる「UVA」と「UVB」という2種類の紫外線のうち、「UVB」をどれだけ防げるかを表しています。

「PA」は「PROTECTION GRADE of UVA」の略。

「SPF」が、日焼けによって皮膚が赤くなるのを防ぐのに対し、「PA」は皮膚が黒くなるのを防ぎます。

PAは4段階で表示されます。

「+」は「効果がある」という意味。

「++」は「かなり効果がある」。

「+++」は「非常に効果がある」ということになり、「+」が多いほど効果があるということになります。

「+」は日焼けを起こすまでの時間を2~4倍に、「++」は4~8倍に、「+++」は8倍以上に伸ばすことを意味しています。

紫外線のうち、「UVA」は皮膚の真皮層に作用し、タンパク質、特にコラーゲンに影響を与えます。

お肌の老化を早めることになるので、日焼け止め化粧品を選ぶときは、PA値もチェックして、UVAをしっかりガードしたいですね。

ちなみに、これまではPA値の最高は「+++」(スリープラス)が最高でしたが、最近は「++++」のフォープラスという高い防御力の日焼け止め化粧品も出てきています。

オゾン層の破壊が進み、日差しの強さ(紫外線量)も年々増えているという、うわさも耳にしたことがあります。

シーンに合わせて、効果的に紫外線をガードできるよう、賢く日焼け止めの化粧品を選んでいきましょう。

 

関連記事

ピックアップ記事

弾む会話

私たちの美肌サプリメント・フォーエバーヤング体験談

最近寄せられた「フォーエバーヤングサプリメント」の愛用者さん達からの体験談です。 フォーエバーヤングサプリの効果を実感された方、そうで…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る