赤ちゃんにも日焼け止めを♪

AN105_L

AN034_L 今のこの時期は、大人の女性であれば、日焼け止め化粧品は、スキンケアにも欠かせないアイテムとして、定着していると想いますが、

お出かけの際に、赤ちゃんや小さなお子さんには、どんな日焼け止めを使えばいいのか、迷ってしまうお母さん方も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんは、生後すぐから、1歳未満までの間は、まだお肌のバリア機能ができあがっていません。

アレルギーなどがなく、健康なお肌の赤ちゃんでも、紫外線にさらされる場合は、なるべく日焼け止めの化粧品を使ってあげる方が良いのではないでしょうか。

1歳未満の赤ちゃんには、赤ちゃん用の日焼け止めか、大人の敏感肌用の日焼け止め化粧品があるので、それを使いましょう。

資生堂の「アネッサ」シリーズのベビー用UVケア、「ベビーケアサンスクリーン」や、SPF34、PA+++で、お肌に負担をかける紫外線吸収剤を使用していないようです。

無香料で、アルコールや、防腐剤、鉱物油を使用していないので、これなら、安心して赤ちゃんのお肌に使うことができると思います。

また、花王の乾燥性敏感肌向けブランド「キュレル」にもUVケアシリーズがあります。

「キュレルUVローションSPF50+」は、赤ちゃんのデリケートな肌にも使うことができます。

このキュレルUVローションは、植物由来の肌ダメージ防止成分で紫外線による乾燥、赤み、ほてりなどの肌ダメージを防ぎます。

顔や体にのばしやすい乳液タイプで、お肌にさらっとなじみ、しっとりとした使い心地で、赤ちゃんのお肌への負担を軽減してくれます。

小さなお子さんのいらっしゃる方は、ママと共用できるような日焼け止め化粧品を選んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

image15s

肌のくすみも早めの対策を!

肌がいつもより暗く見えたり、疲れが見える様な症状の事を一般的に「くすみ」と呼んでいます。 この症状は急になる物ではなく長い年月をかけて…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る